本文へスキップ
日焼け止めってどういう仕組みなの?

日焼け止めってどういう仕組みなの?

紫外線吸収剤の特徴

日焼け止めアイテムで利用されている成分のもう一つが紫外線吸収剤です。この紫外線吸収剤は、肌の表面に塗る日焼け止めアイテムで、肌の表面で紫外線を吸収して、吸収した紫外線を熱エネルギーに変えて放出する効果があります。この作用により肌に紫外線が届かないようにしています。  

この紫外線吸収剤で利用される代表的な成分では、サリチル酸オクチルやジメチルPABAオクチルなどがあります。紫外線吸収剤に利用できる成分は厚生労働省で許可されている物質のみとなっており配合量の規定も存在しています。紫外線散乱剤と異なるのは、紫外線を熱に変換して放出する目的があるため肌に対して負担が大きいとされているからです。肌の弱い人は紫外線が当たった場所が変性して炎症やアレルギー反応を起こすことがあります。そのため紫外線吸収剤が含まれていない日焼け止めアイテムを利用する必要があります。しかし、最近では、研究開発が進みオーガニックな素材を利用した日焼け止めアイテムがあります。肌の負担が軽減されることで利用する人が増えています。こちらの紫外線吸収剤がある日焼け止めアイテムは、紫外線の厳しい時に利用するなど使い分けることも肌の負担を軽減させるやり方でしょう。